【Human×Nature Project (ecoコン)】メルマガ

*2009/12/25 創業一周年のご挨拶

<受信者氏名>さま


いつもお世話になっております。㈱エコブランドの 東 大史 です。
メリークリスマスといきたいところですが、もう一つ、お伝えさせてください。

本日12月25日は当社の創業記念日であり、創業一周年を迎えることができました。
皆さまのご支援、ご指導があったからこそ、この不況のなかを走って来れたのだと
考えております。改めましてこの一年どうもありがとうございました。

おかげさまでこの一年は様々なメディアに登場するなど、お目にかかる機会が
多かったかもしれませんが、何より皆さまが口々に「面白いエコな活動をしている」
というお話を広めていただいたことが徐々に大きくなっていったのだと思います。

当社のメディア掲載情報はコチラ→ http://ecobrand.jp/company/media/


「日本を環境立国として、世界のお手本にしたい」という理念で、
楽しみながらエコ活動をする人々を増やしていくことが当社のミッションとなります。

2009年は政権交代をはじめ、様々な社会構造が変化していった年だと感じております。
国内経済の見通しにおいては、「環境・エネルギー分野」に期待している方々が
たくさんいらっしゃいます。(帝国データバンクの調査は以下の通り)
 http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p091205
.html


不況を打破するのは構造改革だ、というのは政治の世界の話だけではなくて、
私たちの足元の生活に関わってくる話だと思います。いかに持続可能な社会を創造して
次世代に対して明るい未来を渡していくか、「エコジョイメント」という
当社の事業が今後もその一助となっていければよいと考えております。


この一年を通して感じたことは、「最大の環境投資とは人財への投資である」
ということです。自社の事業をグリーンなビジネスへと進化させることができる
新規事業立案能力を持つ社員が増加していくことが、今後の競争力になっていきます。

今後も「エコジョイメント」の観点から、様々な会社の社員が主体的に自らの仕事を
持続可能なスタイルに変革していくお手伝いを進めていく所存です。
PDF版資料→ http://ecobrand.jp/files/091225_EcoBrandTimes.pdf


今日は株式会社エコブランドの誕生日ですが、皆さまに継続して愛していただくためには
もっと具体的にどのようにお役に立てるのか、明確にしていく必要があるとも
考えております。是非これからも、忌憚のないご意見を頂戴できるとうれしいです。

末筆となりましたが、今年一年大変お世話になりました。
どうか、よいお年をお迎えくださいね。2010年もよろしくお願いいたします。
お読みいただきありがとうございました。


株式会社エコブランド http://ecobrand.jp
東 大史 taishibrian@ecobrand.jp



※当社からのご案内が不要な場合、以下のメールアドレスまでご返信ください。
配信停止用メールアドレス→ d_ecocom@chiegumi.jp